• 拡大
  • 標準

訪問診療のご案内


医療法人社団 健翔会(けんしょうかい)は、訪問診療を専門に行うクリニックです。訪問診療(ほうもんしんりょう)というのは、病気や障害があったり、外出することが困難な方が、住み慣れた自宅で過ごし、自宅にいながら医療を受けることができる仕組みです。
まだ世間に馴染みの浅い「訪問診療」という言葉は、「往診」と言い換えられることが多いようです。一般的に使われている「往診」と当院が行う「訪問診療」では少し意味が異なります。

往診」は突発的な病気やケガに対し、依頼により医師が伺うことです。一方「訪問診療」は定期的に訪問し、診療を行う医療システムです。定期的に訪問診療を行い、その患者様に24時間365日の相談・診療対応を行うことで、ご自宅で療養されている患者様に安心して過ごしていただけるよう診療を行っていることが当院の基本方針です。
病状がある程度安定し、医療処置がほとんど必要なくても、ご家族、ご本人の状態から通院出来ない方、自宅療養を希望したい方などのためのクリニックです。症状が不安定な方や、がんの末期の方でも「自宅で過ごしたい」というご希望のある方に住み慣れたご自宅での治療を提供できます。

興味を持たれた方はぜひ訪問診療を検討してみてください!

訪問診療の申込書をダウンロード 在宅治療のすすめ

訪問診療を受けている方の例

  • 退院後の生活や介護に不安がある。
  • 通院は少し難しい。つらくなってきたが、入院や施設は入りたくない。
  • できれば家に帰りたい。帰してあげたい。
  • 家族が遠方で一人でくらしているが病気や介護のことに不安が大きい。
  • 金銭的な不安(施設入所などではお金がかかるなど)
  • 動けなくなって困っているが入院の必要がないと入院を拒否された。
  • 夜間や病院が休みの時に何かあると心配。

完全に寝たきりの状態でなくとも、「外出すると病状がかえって悪化してしまう」「月に何度もいろんな科を通院するのがつらい」といった通院負担の軽減や、普段は安定していても病状の急激な変化によって、在宅で医療処置が必要となる可能性がある方もご利用になれます。
また、個人宅だけではなく、有料老人ホーム・グループホーム・サービス付高齢者専用住宅・ケアハウスなどへもお伺いいたします。

  • 依頼の流れ
  • 料金例
  • 対応エリア
  • 対応医療のご案内

5つのメリット

1ご自宅で診察・診療が行えます。

定期的に医師が訪問し、患者様が安心してご自宅で診察ができます。
通院が困難な場合や定期的な健康管理が必要な場合などに、住み慣れた環境で診察と治療を行います。

2オーダーメイド医療

患者様とご家族の価値観、人生観を尊重し、対話を重ねながら、治療の方向性を決定していきます。病気の治療はもちろんのこと、介護するご家族の立場や仕事なども尊重し、医療の専門的な立場からサポートするなど、究極のオーダーメイド医療を目指します。

324時間365日の診療体制

訪問診療を行っている患者様には、緊急連絡先をお伝えしております。緊急の場合は、24時間体制でご連絡をお受けしております。連絡を受け、医師または看護師が状況を判断し、薬を処方したり、往診に伺ったり、他医療機関との受診を手配したり、入院手配をおこなったりいたします。

4ご自宅で処方の配達が可能です。

薬をご自宅まで持ってきていただける薬局と連携をしています。ご希望があれば病院で長時間待つことなく、ご自宅で薬の処方をもらうことができます。

5医療保険が適用されます。

在宅医療は保健診療です。外来通院と同じ制度で診察を行います。1か月の負担上限があり、入院などよりはるかに低額です。負担の割合などは様々ですので、詳しくは当院までご相談ください。

診療体制

在宅医療の経験を積んだ医師・看護師・理学療法士・ソーシャルワーカーによる、チームでの診療体制を作っています。また、在宅であっても入院中とほぼ同様の必要に応じた医療が提供できるよう、様々な医療機器や方法を準備しています。
※採血検査・点滴注射・心電図検査・超音波検査など

対応医療のご案内

連携体制

介護サービスや高度医療を連携し患者さまとご家族が安心して療養できる環境を作ってまいります。

介護サービスとの連携
「在宅主治医」として介護サービスと円滑な連携を図ります。
  • ケアプランに合わせた診療計画の調整
  • ケアマネージャーへの居宅管理指導
  • 担当者会議、退院前カンファレンスへの参加
  • 主治医意見書の作成
  • 訪問介護、リハビリテーション指示書の作成
  • その他、難病申請、公費助成の書類作成など
高度医療との連携
万が一の際に入院や検査を受け入れてくる緊急時のバックアップ体制を確保しています。
  • 緊急時の入院受け入れ
  • CT、MRI、内視鏡などの精密検査
  • 専門医による診療、治療
連携体制
入院が必要な場合は…
連携・協力医療機関に入院先を確保します。
在宅主治医から病院の主治医に診療情報を提供し、スムーズな診療の引き継ぎを行います。入院をご希望されない場合には、在宅にてできるかぎり患者さま、ご家族のご意向を尊重した診療を行います。
主な入院受け入れ先病院
  • としま昭和病院(連携先)
  • 練馬総合病院(連携先)
  • 浩生会スズキ病院
  • 国立国際医療センター
  • 板橋中央病院
  • 東京女子医大附属病院
  • 赤城高原ホスピタル
  • NTT東日本間等病院
  • 要町病院
  • 慶応義塾大学附属病院
  • 済生会中央病院
  • JR東京総合病院
  • 社会保険中央病院
  • 順天堂医院
  • 順天堂練馬病院
  • 聖母病院
  • 帝京大学附属板橋病院
  • 東京医科歯科大附属病院
  • 東京厚生年金病院
  • 東京女子医大東医療センター
  • 東京慈恵医大附属病院
  • 東京大学附属病院
  • 東京通信病院
  • 東京都健康長寿医療センター
  • 東京都保健医療公社 豊島病院
  • 東京病院
  • 都立大久保病院
  • 都立駒込病院
  • 虎ノ門病院
  • 日本赤十字医療センター
  • 日本大学附属板橋病院
  • 武蔵野病院
  • 目白病院

※地域の入院ベッドの状況等により、消防庁・救急医療ネットワークを経由しての入院先確保を行うことがあります。

ご協力いただきたいこと

訪問診療の場合、外来による予約診療と異なり、他の具合が悪い方や緊急患者様などの対応のため、診察時間が遅くなったり、お待たせしてしまう場合が多くございます。医療機関としてのトリアージ(緊急優先)にご協力ください。
また、往診は救急車とは異なります。電話をいただいて希望すれば必ず5分でうかがえるというわけではありません。病状や道路事情などで時間がかかる場合がございます。

  • 訪問診療のご案内
  • 依頼の流れ
  • 料金例
  • 対応エリア
  • 対応医療のご案内
  • 対応医療のご案内
  • 医師のご紹介
  • 東京都地域連携型認知症疾患医療センター
  • 訪問リハビリテーション
  • 在宅医療相談室
  • よくあるご質問
  • 採用情報

診療時間

訪問診療(訪問日時)

二週間に一度あるいは週に一度など、定期訪問となります。
完全予約制です。

訪問診療について

訪問リハビリテーション

営業日  月曜〜金曜
営業時間 午前9:00〜午後6:00
※日曜・祝日・年末年始はお休み

訪問リハビリテーションについて

ページの先頭へ戻る